GS_joze

1-3 聞き込み調査~フードのオークを追って

〇ブリンヤ(ロドリックの婚約者)の話
・最後に会ったのは(一昨日の夜)祭りの前夜
・そのときに喧嘩になった
・喧嘩の原因はロドリックが隠し事をしたこと
いわく「危険な任務があるからしばらく会えなくなる」「自分は狙われている」
・凶器のナイフはロドリックのものではない
ロドリックのナイフには「ブリンヤに愛を込めて」と彫られている。
*トルナウでは婚約時にお互いのホープナイフを交換する慣習がある。

〇オマストの話(ロドリックの同僚で剣の師匠)
・ロドリックは何か事件を追っているようだった。
・自身は町中に『白い短剣』の落書きがされていて消すのに手いっぱいだった。
・落書きはホープナイフかもしれないしそうじゃないかもしれない。

〇ロドリック殺害の現場(ランブルハウスの一室)にて
●受領証
・ロドリックがサラにホープナイフの作成を依頼した。
・ブリンヤが依頼できないためその代理。
・ナイフには「For Rodrik my love」と彫ってあるらしい。

●手紙
・「メリラへ 探し物がもうすぐ見つかるよ もうすぐ会えるね」
・ロドリックの字ではない。
・メリラという人物はこの町にはいない。
・ロドリックがつかんだ何かの手掛かり?(推測だけど)

〇暗殺犯の襲撃
・ランブルハウスでPCたちが寝泊まりしていると暗殺者の襲撃に会う
・フードを被ったオークに殺人事件の捜査をしてる奴を殺せと言われた
・出身はフリーダムタウン
ベルクゼンの領土でオークに支配された人間の街。犯罪者が集まるらしい。
・ロドリックのことはしらない。

〇チャムの話
・ロドリックが死んでいるのを最初に見つけた。
・毎朝部屋にスープを届けていた。
・ロドリックはベッドで血塗れになって倒れていた。
・争った形跡はないが荒らされた跡はあった。
・ホープナイフは枕元に置かれていた。
・ロドリックが殺された夜にフードを被ったオーク臭のする客が来た。(オークでは?)

チャムと話しているとカリストがやってきて疫病の家へついてきて欲しいと頼まれる。
フードを被った怪しい人物が逃げ込んだらしい。

Comments

sick_rose_wb Rigel652

I'm sorry, but we no longer support this web browser. Please upgrade your browser or install Chrome or Firefox to enjoy the full functionality of this site.